百種屋の生活

 


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根工事

 いよいよ屋根の工事が始まりました。表側の瓦、のじ板をまくって、垂木の修正をしたところで終わっています。くしくも昨日から関西地方は梅雨入りしました。結構長くかかりそうです。屋根屋さんの指導の下、ボクはひたすら、雑用とお茶汲みをしております。

 この家に限らず、古民家を建てた先人たちは本当に大変な苦労をしたんだろうと思います。棟木や、母屋、桁はすべて丸というか、真四角ではない材を使い、垂木はヒノキの間伐材を半割りにしたもの、当然均一の幅、厚さではないものを、まっすでない棟木に当てる、母屋に当てる、桁までまっすぐ当てる、そして、屋根全体をまっすぐにする。そして。竹ののじを打ち、わらを乗せ、土壁を乗せる。最後に瓦を葺く。そして、今まで維持させる。しかも。わざと反らせたり、膨らませたり、技術を競い合っている。手間と時間と労力、それがすべての仕事。かっこよすぎ。釘は一本一本加治屋さんの手打ちでっせ。もう、脱帽です。今ほど、道具もないときたら・・・。
 
 今日はピーマン定植しました。予想以上に水没気味の畝からサツマイモを救出し、植えなおしました。
スポンサーサイト

« »

05 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
アクセス
SNS
mixi:百種屋 face book:木村 陽平

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。